初志貫徹

Posted by allmothers on 2014-12-22 under 未分類 | Be the First to Comment

仕事に対する憧れというものは、いつどのような状況で起こるかわかりませんよね
就職して10年が過ぎるけど、気になる職業についての求人を見て知るなんてことを
経験している人もたくさんいるのではないでしょうか?
 

年齢で無理かも、資格がないから無理かも、学歴もないし・・・
などとネガティブな思考になって、諦めてしまうということもあるでしょう
求人の中には資格取得者に向けたもの、経験者に向けたものがあります
中には本当に不可能なものもありますが、保育士に関しては資格を取得する可能性は
ほとんどの方に残っていると考えられます
 

本人にその気があれば、独学で勉強することができますし
通信教育・通信講座などを活用して、知識を身につけることができます
保育士試験は年に1回ですから、しっかりとした準備をして望めば資格を取得することができるはずです
 

社会人だからこそ、限られた時間の中で知識を身につけたり
準備を行っていかなければなりません
年に1回なので、モチベーションを高く持つことも大事です
就業中の方が多いと思うので、無理をして体をこわしてしまっても元も子がありませんので
自分に合ったスケジュールをたてることも大切です

 
1発で合格する事が一番望ましいですが、保育士試験の特徴を生かした取得の仕方もありますので
その特徴をいかして、長期的な計画をたててもいいかもしれません

子どもが好きという気持ちがキッカケで、保育士を目指すという方は少なくありません
自分の好きなことを仕事にできるように目指して、好きなことを仕事にできれば
充実した時間を過ごせるようになります
好きなことを仕事にできるって素晴らしい事ですよね

 
ただ保育士が求人を探す時はよっぽどひどい状況下で働いているためといえます
もう一度どうして保育士を目指したかという初心を思い出して
新しい一歩を踏み出してもらいたいですね
良い職場はたくさんあるはずですからね
 
 
保育士求人ランド

非常識な保育士が増えた

Posted by allmothers on 2015-03-20 under 未分類 | Be the First to Comment

保育園の園長が溜息をついているので聞いてみると
新年度4月から来る予定だった保育士が急に連絡が取れなく
なって困っているというのです
 

面接をし内定をだし休みの日に顔合わせに来てもらい
雇用契約を結ぼうと考えての連絡だったようで
携帯やメールで連絡してもなしのつぶてで音信不通
数日したら携帯も着信拒否のような感じ・・・と困っていました
 

保育士は教育者でもありますので
辞退するにしても一言くらい
電話できちんと説明するべきではないかと思います
 

まず保育士の前に人としてどうなのかと疑問に感じます
嫌な人に無理に来てもらう事など常識で考えればありえませんので
きちんと連絡して説明することがどうしてできないのでしょう
 

園長会議でも他園の園長が同じようなことを言っていたらしいのですが
最近は年齢に関係なく30代、40代、50代でも
そのような非常識な保育士が多くいるようです
 

そんな非常識な保育士と一緒に働かないで済んだので
ある意味良かったのですが
困った保育士が増えているのも事実のようですね・・・

貴重な保育士の資格

Posted by allmothers on 2014-12-18 under 未分類 | Be the First to Comment

保育士さんの求人は、基本的に保育士資格を持っている方を
募集する情報が多数しるされています
保育士資格は、専門知識を身につけていないと資格を取得できない
国家資格という事になります
 

独学や通信教育・通信講座などで勉強して努力すれば
国家資格を取得することができます
求人の情報だけをみて、諦めてしまうことがあるかもしれませんが
どうすれば資格を取得できるか、取得するための条件は何かという事を
認識しておく事が必要になります

 
情報を集めて、今からでもできるのがどういう事か
どのように行動すれば資格が取得できるかという事を知る必要があります
 

働きながらでも、意欲があれば、いろいろな勉強方法で知識を
身につけることができると思います
自由な時間が限られてしまっている大人だからこそ
時間を無駄にする事はできないと思います
 

自宅で空いた時間を上手く使って勉強する
無理なく自分のペースで行うことが重要です
保育士資格の取得試験は年に1回しかないので
その試験に合わせたスケジュールを立て
それに沿った勉強をすることも大事になります

 
今の生活の中で少しでも将来に役に立つ準備をしておくと
何かあった時に、職業選択の幅が広がるのではないでしょうか?!
 

女性は、出産後の社会復帰が非常に困難とされているため
資格を取得しておけば、一つの選択肢として考えることができるようになり
ゆとりをもって就職活動をすることができるようになります
自分にとって将来的に役立つ情報や資格を取得しておくと
将来においても負担なく充実した時間を手に入れることができます

保育士は男女平等?!

Posted by allmothers on 2014-12-13 under 未分類 | Be the First to Comment

保育士さんとは、昔は保母さんと呼ばれていたように、女性が活躍する職業とされていました
資格も保育士資格ではなく、保母資格だったようです
これは、女性が妊娠、出産を行って子育てを行うという事が
常識になっていたという事が理由にあったようです
 

最近では、女性の働く環境も整えられたこともあり、主夫という存在があるように
男性と女性、どちらが家で家事をするのか、子育てをするのかという事に
決まりがあるわけでもなく、家庭によって異なると考えられます
男女平等が進んだ時代だからこそ、誰にとっても保育士という職業は
必要な知識を身につけるためにも活用するべきとされています
 

保育士の求人を見てみても、男性の割合が多くなっているという事も言われています
女性の細やかな気遣いと男性の力強さは教育の世界でも必要なものとされています
仕事に収入以上の充実感を求めているのであれば
自分の能力を発揮できる環境で過ごせるように、しっかりと働く場所を見極めなければなりません
 

年齢によって、子どもに対する目線は変ってくるものと考えて間違いありません
子どものように接することも、または、孫のように接することも可能です
いつでも、変化する事ができる環境が保育士の仕事になります
 

仕事によってもたらされるやりがいって違ってくるものですよね
自分でそのやりがいを多く持っておくことが必要をされているため
しっかりと事前に情報を収集して行動しておきましょう

妖精

Posted by allmothers on 2014-11-25 under 未分類 | Be the First to Comment

子どもの頃は誰でも妖精の事は見えいていたともいわれていますよね
純粋な心がなくなると見えなくなるとか言われてたりもします
実際の所、誰もその正解はわからないんでしょうね
絶対に見たことないって言い切れるほど、また、絶対見たって言い切れるほどの記憶が
しっかりと残っているとはいえないですものね

 
自我に目覚める前の事で覚えている事っていったら、よっぽど印象的なことくらいしか
それも、かすかな記憶の片隅に残っているっていう感じの人がほとんどなのではないでしょうか?

 
妖精に会っていたら、結構、印象的なことかもしれませんが
その頃、日常的に妖精と会っていたりしたら、その人にとっては
それほど印象的な事じゃないかもしれないので記憶に残っていないかもしれませんね

 
保育園や幼稚園に通うようになって、絵本を見たり、テレビやビデオやブルーレイ
DVDなどでアニメを見たりするようになりますよね
その中で妖精、もしくはそのような存在のキャラクターが出てきたりするようになって
その存在を知るようになるのがほとんどでしょうね

 
でも、中にはそういった妖精の存在を知る前から、親にそういったものを見たとか
一緒に遊んだっていう事をいう子もいますよね
まぁ、親や祖父母、友達などは、その時は、まったく取り合わないでしょうし
そんな事いわれたことすら忘れてしまうでしょうからね
大人になって見えている人は、絶対に言わなくなるでしょうね
そんな事いっていたら、友達いなくなりそうですものね(笑)
真相は謎のままがいいってこともありますものね!